ガス設備の点検

「ガス漏れ」

一言ではものすごく怖い響きですが、大半が人間の鼻ではわからない微少漏洩。ほとんどの多くが古いガス栓や立ち消え安全装置のない古いガス器具が原因です。
(もちろん、稀にですが古いガス管や埋設管の腐食もありますが、この場合ガスマイコンメーターが24時間365日監視しています)

ガス配管は勿論ガス栓も消耗品です。長い間使っていないガス栓のツマミが固い場合、無理矢理力づくで開放するとガス漏れにつながるものもあります。4年に一度行う法定点検を必ず受けましょう。

弊社では人間の目視確認よりも正確にガス漏れを判断でき温度補正を可能にした㈱エイムテック社のLPガス圧力検査機器 セーバープロⅡや愛知時計電機㈱社の高度な試験・測定・管理と、現場での信頼性を両立させたデジタルマノメータを使用して検査いたします。

ガス栓など消耗品は変えて行きましょう。
ここで、注意してください!ゴムホースの交換はお客様で交換してもらって構いませんが、ガス栓の交換や金属フレキ管、ビルトインガスコンロからガス栓を取り外す作業は有資格者でないと行えません、重大な事故につながる場合がありますので、必ずガス販売店にご相談ください。

参考事例

さて、ここで突然ですがクイズです。

以下の6つの写真の中でどの設備が取替えなくてはならないでしょう。

正解は、4と6。

4はガス漏れしている状態。

検査液もしくは石鹸水をつけると泡が出ていますね。

3はツマミがない最新ガス栓です。

6は安全装置のついていない旧式のガス栓。ピンク色の栓が目印です。

(今現在ガス栓のツマミは黒色もしくは青色です)

とは言え様々な設備があり、なかなか判断するのも難しいものです。

そんな方は亀井商店にお気軽にご相談くださいね。

ガス機器設置スペシャリストの店

TOTOリモデルクラブ

みず工房取扱店